つちやのぶろぐ


 

忘れっぽいので思考実験や自己人体実験等のメモ帳代わりに使っております。


あと、らくがきやどうでもいい日常の情報なども。

 

人体に無害なことを大前提に書いておりますので、健康法など安心してお試しください。

自分を実験台に安全は確認しております。

 

ただし程度問題はありますので、すべてにおいてやり過ぎ注意です。

 



頭を触ると性格変わる?

すっかり怠け癖がついてしまい1ヶ月ぶりのブログです。

 

先月は頭痛・めまいの方が多く見えました。

当院に通っていただいている看護師さん方も、介護関係の方もそんなことをおっしゃってました。

時期的にそんな症状出やすいのですが、今年は特に多いですね。

 

さて、

施術で頭蓋骨を調整するようになってからは、頭痛・めまい・自律神経症状の方々がお知り合いの紹介でご来院いただくことがすごく増えました。

病院の検査では異常なしとされる方が多いです。

 

そのような方々、

施術を続けていくと、症状の緩和と並行して、皆さん徐々に性格的にも明るくなってくるのです。

中には人格変わっちゃった方もいたりして。

 

今までは、調子が良くなって嬉しいからとか、私に慣れたからとか、そんな原因なんだろな〜くらいに思っていたのですが、どうもそれだけじゃないんだなと最近わかってまいりました。

 

 

私たちが実際に頭骸骨いじって何しているのかといえば、その中にある脳脊髄液というものをコントロールしています。

 

病院の検査で引っかからない不調の原因は

一行で言ってしまえば、

『脳脊髄液の流れが滞ってるから。』

なんて場合が多いようなのです。

 

頭蓋骨の中で作られる脳脊髄液が流れて行かずにパンパンに詰まって膨れてしまい

頭カチカチ状態なのです。

いわゆる脳圧が高い状態ですね。

 

病院で脳圧の検査をするっていうのは外科的な手術を伴いなかなかの大事なので、

相当重篤な症状でなければ通常は行わないのだと思います。

だから異常なしとされてしまうのかもしれませんね。

 

私たち民間療法師はそれを指先の感覚だけで判断しようっていうんですから、

世間様から眉唾って言われてもしょうがないなーって我ながら思います。

 

でもわかるんですよ。本当。

来院された皆さんに施術の前と後で頭の大きさ触って比べてもらうのですが、

普通の方でもわかるくらい、頭がひとまわり小さくなります。

小顔になっちゃいます。

 

話が逸れましたが、

脳圧が高い状態、脳脊髄液の多い状態というのは

脳が圧迫されて体の全ての機能が低下している状態なのです。

 

それは体調だけではなく、もちろん思考にも影響するということなのですよ〜

 

つまり脳圧の高い状態では思考もまとまらず、鬱的な症状も出てきてしまうのです。

 

そう、だから、施術によって脳脊髄液の流れが良くなれば

脳圧も下がり、思考も正常に戻っていくというわけですね。

数ヶ月でそんなことが起こるわけだから、

はたから見れば性格変わったと思われても不思議じゃありません。

 

 

何を隠そう私自身も自分の頭蓋骨いじるようになってから

能天気に拍車がかかっております。

0 コメント

産後の骨盤の歪みと痛み

娘の高校受験も無事終わり、申告も終了しまして、

心に余裕ができたので久々のブログでございます。

 

今回は産後の骨盤の歪みと痛みについて。

 

出産時、お母さんの体には骨盤を開き、産道を広げ赤ちゃんが無事にでてこられるよう、

リラキシンというホルモンが分泌されます。

このリラキシンというホルモンが全身の関節や靭帯を緩めてくれます。

 

産後もしばらくは全身の関節や靭帯が緩んだ状態というのが続いておりまして、

この期間は逆に今まであった体の歪みをリセットするチャンスとも言えます。

 

ただ、出産の疲れが残っていたり、日々の育児の疲労が続いていると、

内臓のどこかが疲労していることが考えられます。

 

私たちの体には内臓体制反射というものがありまして、

ある内臓が疲労するとそれに対応するある筋肉が緊張するという

ちょっと不思議な反射が起こります。

 

特定の部位の筋肉が緊張すると、付着している骨格を引っ張り体に歪みを作ってしまいます。

 

日々の姿勢や動作による筋肉の疲労による痛みというのは、

比較的速やかに抜けてくれるのですが、

この内臓の反射による痛みというのは、

内臓の状態が改善されないとなかなか抜けてくれません。

 

ですから、骨格矯正しても歪みも痛みもすぐ戻ってしまうという方は

内臓の疲労を疑わなくてはいけません。

 

今の時期は寒さにより全体的に内臓の機能が低下していますので、

焦らずじっくり内臓の状態を整えていきましょう。

結果として体の歪みや痛みが改善されていきます。

 

内臓状態はストレスにも影響されますが、

ストレスの解消には『赤ちゃんを抱っこする』

これに勝るものはありません。

 

ちょっと私にも貸してください。

 

 

2 コメント

胃下垂になってみた話

健康産業で生業を立てているものとしては、大きな声では言えないのですが、

昨年の秋ぐらいからどうも胃の調子がイマイチな時期が続いておりました。

 

そんなにひどくはないのですが、基本健康体の私としては

胃になんかやばいものでもできたかなとちょっと心配だったのです。

 

 

でも大丈夫、昨日治りました。

 

 

実は自分で胃下垂を作ってしまっていたのですよ。

みなさん知っていましたか?

ちょっとしたコツで胃の位置って指で動かせちゃうんですよ。

 

すっかり忘れていたのですが、胃の調子がおかしくなるちょっと前ぐらいに

胃を動かして遊んでいたのでした。

すごい動いた記憶があるのですが、その時は特に調子がおかしくなることもなかったので、

放置してしまっていたのですね。

 

それからちょっとづつ調子がおかしくなってきたので、

原因が特定しずらかったわけです。

 

また並行して、自分の体で色々な実験をしているので、

どれが原因なのかわからなくなることが多々あります。

 

面白いことに患者さんの体なら簡単に特定できることでも

自分の体だとわかりづらいのですよね。

おそらくは顕在意識の自我ってやつがじゃまするのでしょうね。

 

そもそも潜在意識に任せておけば体は自然と良くなるものなのに

邪魔しちゃうんですよね、顕在意識の自分。

でもそんな自分も嫌いじゃないです。

我ながら面白いやつだと思います。

 

話が逸れましたが、

で、昨日です。

 

youtubeで指パッチンするだけで下がった胃が上がるという治療をされている先生を発見しまして、

おおこれは面白い、やってみようと。

 

まずは当然自分の胃の場所を確認するわけですが、

触ってびっくり、すごい下がっていました。

 

通常、胃の位置というのはみぞおちとおへその中間ぐらいにあります。

私の胃はなんとへそ下に位置しておりました。

何がびっくりって今までそれに気づいていなかった自分にびっくりした。

 

私の中では胃下垂というのはその下にある横行結腸ごと下がるというイメージだったのですが

どうやら今回は、横行結腸から前に外れて落ちていったような感じです。

そんな感じに動かした記憶があります、犯人は私です。

そりゃ、『胃の存在感がすごい!』てなりますよね。

 

同時にお通じも悪くなったのも大腸にかかる圧がおかしくなったためかもしれません。

横隔膜を使って押し下げるという動作がうまくいかなかったのでしょう。

踏ん張りがききませんでしたから。

 

 

ついでなので、他にどんな症状が出たかもお知らせしておきますね。

まずは下っ腹が出ます。体重は変わらないのですが、シルエットが変わります。

 

そして、呼吸が浅くなり疲れが取れません。

深呼吸しても横隔膜が引っ張られてうまく動けないんですね。

酸素不足で寝ても筋肉の疲労が取れず、朝起きた時にこわばっている感じです。

 

人間は呼吸がしづらいというだけで、えも言われぬ不安感みたいなものが生じます。

本能的に命の危険を感じるわけです。

うつ症状の方は呼吸の浅い方が多いです。

 

臓器の位置が変わるので重心が狂います。

いつもより力が入らずなんだかフラフラする感じ。

 

そして、何が辛いかってビールがいまいち美味しくない。

美味しくビールをいただくために働いている私には、これが一番堪えました。

 

 

話を戻しまして、

「あなたの本当の居場所はそこじゃないよーこっちだよ〜」と胃に話しかけながら指をパッチン。

お〜動いた!!面白い!!胃に感情があるというのは本当らしい。

 

でも半分ぐらいでした。しかしこれは使える、要練習。

 

あとは自分の指でそ〜っと持ち上げていくと、パズルのピースのようにある場所でぽこっと収まりました。

あ〜そうそうここが定位置だよ、横行結腸の上。思い出しました。

その瞬間呼吸が楽に。

心地よく息ができるだけで幸せ感じられます。

 

いやしかし待て、まだ油断はできない、ビールを飲むまでは安心できないぞと。

 

仕事終わって、ビールをプシュり、

「んまい!」胃にスーッと落ちていきます。

というわけで無事ミッションコンプリート。

 

今朝もスッキリ目が覚めました。

おかえり通常の私。

ありがとう胃下垂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

まったりと正月休みを満喫し、

ひとまわりふくよかになって、本日より仕事始めです。

今年もさらなる面白い施術を目指して頑張ります。

 

例年だと正月休みにはスキーに出かけるのですが、

今年は娘が受験生なので、合格までお預けでございます。

 

本人が十分頑張っていますので、

親にできるのはせいぜい神様にお願いするくらいです。

 

というわけで、湯島天神へお参りに行ってまいりました。

桜の咲きやすいお守りをゲットしましたのでもう安心です。

 

 

0 コメント

豪華キッズスペース

土屋整体院に待望のキッズスペースが登場いたしました。

 

和室0.5畳!!

 

スペースの関係でいままで赤ちゃんにはベビーカーごとベットの横まで来ていただいておりました。

 

ベビーベッドを置く場所もないしどうしたもんかと悩んでいたのですが、

そうだ、我が和の国には畳と布団という素晴らしい文化があったではないかと!

日本人は昔から限られたスペースを有効かつ機能的に使い分ける術を持っておりました。

半畳の畳なら軽いしセッティングも簡単なので我ながらナイスアイデア。

 

これからは畳の上に敷いたお布団の上でごろんと転がりながら、

ママがリフレッシュするのをおりこうさんで待っていただけることでしょう。

 

赤ちゃん寝ているところを写真撮らせてもらおうといつも思うのですが、

つい忘れてしまうので、代わりにウチの皇帝ペンギン君で。

 

今後、あと0.5畳ほど増設の予定です。

そうしたら大人も寝れちゃうなー。

0 コメント

骨盤の歪みを直す操体法

患者さんたちから「ややこしくて覚えられない」と大評判だったので、

こちらにあげておきます。

 

側湾症の方に自宅でのエクササイズ用にカスタマイズしました。

側湾症の方は肩関節と股関節がえらく柔らかくて関節の可動域が大きい方が多く、

四肢の末端からの連動が取りきれないことがありますので

補足として、逆に骨盤から股関節や脊柱へ連動させる方法を考えてみました。

 

また、側弯のある方は複合した骨盤のねじれをしていることが多いので、

一般的な骨盤のねじれだけではなく、恥骨のズレによる横方向への傾きにも効果が出せるようになってます。

 

ここには書いてありませんが、下肢へ連動させたい場合は、

内旋・外旋の太もものねじれも付け加えると良いです。

 

操体法はストレッチではありませんので、くれぐれも勢いをつけたり、思いっきりひねったりはしないでください。逆効果になります。

あくまでも心地よさを確認しながらゆっくり弱い力でやってください。

我ながら解りづらい図なので、もしご不明な点御座いましたらお気軽にお問い合わせくださいね〜〜。

 

 

 

不勉強ゆえ、多流派の操体法にはあまり明るくありません。

類似の操法がすでにあるかもしれませんが、その辺はご容赦ください。

逆に情報いただけると嬉しいです。

 

 

0 コメント

百円札

0 コメント

13周年ありがとうございます。

0 コメント

イスから立ち上がる時に腰が痛い

腰痛持ちでなくても、長時間座ったままでいると立つ時に腰が痛いことがあります。

お年頃になってくるとよくあることです。

 

重症な腰痛の方には効かないこともありますが、

結構多くの方には効果ありますので、是非おためしください。

 

空手バカ一代的に言うところの『三角飛び蹴り』の理論を巧みに応用してみました。

 

前提条件として二つ

床が滑らない。

イスが滑らない。

 

この条件が揃っていれば、勝ったも同然。

やり方はものすごいシンプルです。

 

まず足の裏をしっかり床につけ、滑らないことを確認。

ちょっと内股気味につま先が中を向くように。

そのまま足裏で床を前方向に蹴ります。

この時、足裏が滑ってしまっては台無しですので、しっかりと床をグリップしてください。

 

床を前に蹴ることで、膝が伸びます。

膝を伸ばせば自分は後ろへ下がる形になります。

すると当然、後ろにある椅子を押す力が生まれます。

しかし椅子が重く動きません。

その力は自分に返ってきて、椅子に押し出される格好になります。

 

その結果今どういう形になってますか?

そう、『腰は曲がったままで、膝が伸び切った状態』で立っていますよね。

馬跳びの馬の格好。

 

ここまでくれば、もう八合目。

この状態からゆっくり腰を伸ばしていけばいいのです。

 

 

さあどうでしょうか?楽に立てたでしょうか?

0 コメント

今週のふにゃふにゃ体操

前回のふにゃふにゃ体操が難しくて不評だったので、今週は簡易版です。

ストレッチした方が効きそうな気がしますが、

実際はしない方が可動域が広がるという不思議現象。

両方やってみて比べてみるといいかも。

0 コメント

ふわふわWeek

明日、6/2(火)はお休みさせていただきます。

 

ブログをfacebookで書いたほうがいいのか色々試行錯誤しております。

SNS音痴にはなかなかハードルが高い。

0 コメント

夏の新メニュー チョーきもちいい頭蓋骨調整コース

チョーきもちいいと大好評につき

頭蓋骨調整を独立メニューにしました。

 

何されてるんだかわからないくらいの非常にソフトな調整です。

頭蓋骨の縫合を緩め、脳脊椎液の循環を促進します。

 

 

なんだか頭が重いとか

なんだか調子悪いとか

なんだか〜な方にお勧めします。

 

頭蓋骨がグニャグニャ動く感じを楽しみながら

眠りに落ちてください。

 

頭蓋骨・頚椎・上部胸椎・腹部マニュピレーションまでついて

期間限定お試し価格¥3,000(税込)

 

0 コメント

意識を身体の外に出せますか?

結論から言っちゃいましょう。

できます。

実はあなたも日常から行っているのですよ。

一番やっているのはご飯食べてる時。

お箸持ちますよね。

 

その時あなたの意識はというと

箸先にあるでしょ?

 

そんなの当たり前と思うかもしれませんが、

お箸はあなたの肉体じゃないですよ。

その時、身体の外なんです、あなたの意識は。

逆に言うと、私たち日本人にとってお箸はもはや体の一部となっているとも。

 

つまり、意識を自分の身体の外に広げるのは可能ということです。

 

他にも例を挙げると、

車を運転している時は意識は車幅になってるでしょ?

路面のグリップにも意識が回ります。

 

包丁使うときも、刃先が食材を切る感覚が伝わってきますよね。

 

皮膚で直接接触していると、力の伝わりもわかるし、比較的イメージしやすいですが、

直接接触していなくても、あなたの周りは真空ではありません。

空気という物質がみっちり詰まっているのですよ。

お天気と体調が関係するのも、あなたと気圧という空気の力のせめぎ合いによるものです。

 

 

だからそれを介して意識を広げるとか、力を伝えるなんていうのは、

あながち不可能でもないんじゃないかなと思います。

 

空気読むとか、場を制するなんていうのも

こういうことなのかもしれないですよね。

 

わたしたち治療家は

患者さんと直接接することで、相手の状態を察します。

そして直接触れられない場所に意識を飛ばして筋肉や骨を動かすなんてことをやってます。

 

もう1ステップ上に行くと、それを空気を介して行えるようになるのかもしれないですよね。

達人への道は楽しい。

 

 

 

 

0 コメント

O脚の気になる季節がやってまいります。

沖縄は梅雨入りしたそうで、あと2ヶ月もしたら夏がやってまいりますね〜

O脚の気になる女子の皆さん、ヒントは胸椎ですよ、猫背直さないとー

0 コメント

ツチヤマンガ01

昨日お風呂の中で、ふとジョイナーさんのことを思い出し

実験したら面白かったので

久々にマンガを描いてみました。

 

だいたいいつも、こんな感じで患者さん方と遊んでいます。

0 コメント

今週の体操とお詫びとお願い。

今週の体操は

『おでん体操 第1・第2』

です。

 

「テヤンデーバーローチクショー」と叫びながらやってみてください。

 

 

スケジュール管理ソフトの不具合によって

ご予約が重複してしまう事件が発生してしまいました。

再発防止に努めております。

ご協力お願いいたします。

0 コメント

視力回復研究会04 恒常性をリセットする

実際、トレーニングってなにやってるのかというところをまだお話ししてませんでしたね〜。

簡単に言うと見方を脳に再学習してもらうということです。

 

脳みその学習システムというのは至ってシンプルでして、

『繰り返し行われる行為は生存に必要である』というものです。

 

学校の勉強も実は同じです。

数学の公式とか、将軍様の名前とか、生物が生存していくには全く必要ないものですよね。

だから覚えられなくて当然なのです。

しかし、何回もしつこく繰り返されると、脳みそは「あれ、これって生きていくのに必要な事?じゃあ仕方がないから覚えてやるか〜」となるわけです。

暗記ものなんてのは忘れるのが当たり前で、脳みそとの根競べみたいなものなんですね。

 

むしろ、見えることの方が生存確率には大きく影響してきます。

もちろん遠くがよく見えた方が危機回避はしやすいはず。

じゃあなぜ遠くがよく見えなくなるかっていうと、

それは私たちが繰り返し繰り返し近くばっかり見ていたから。

脳みそが根負けして近くにピントあわせ続けることを覚えてくれたのです。

そして脳みそは一回覚えてくれたことはそう簡単には忘れてくれません。

脳の学習によって無意識下に落とし込まれた行為というのは、常に一定に保たれるようになります。

これが恒常性の維持ってやつです。

そう、肩こりも一緒ですね、恒常性位の維持。

 

では、視力を回復させるにはどうしましょうか。

簡単ですね、逆をやってやればいいのです。

繰り返し繰り返し、一所懸命遠くを見ようとすればいいってことですね。

ただボ〜ッと見るんじゃなくて、遠くを見たいと思うこと、観察することが大事です。

 

これを日常生活でいかに続けていけるかという勝負になってきますね。

癖にしてしまうのが一番楽ですね。遠くを見る癖。

癖というのは無意識下に落とし込まれた行為ですから。

 

0 コメント

任務完了

昨日、5年間にわたる保育園への息子の送り迎えを終了させました。

思い起こしてみれば、抱っこから始まって、ベビーカーになり、キャリーになり、

やがてはおててつないで歩くようになり、

最後は生意気な口をききながら自分でリュックを背負って突っ走るまでになりました。

行き帰りのお花見も今年で5回目です。

 

息子は保育園が大好きで、この5年間、行きたくないと言ったことは本当に一度もありませんでした。

仲良しの友達もたくさんできました。

生活面もトイレトレーニングから身の回り躾まで、ほとんど保育園で教えてもらったようなもんです。

おかげ様で、女子力は姉をはるかに凌駕するに至りました。

保育園、素晴らしいです。

 

最終日は妙なテンションで、お友達と喧嘩してしまったらしく、

迎えに行った時はべそかいて、先生方にろくにお別れもできませんでしたが、

まあ、我が息子らしいです。詰めの甘さが私にそっくり。

 

末吉いづみ保育園の皆様、長い間、本当にありがとうございました。

 

 

0 コメント

視力回復研究会 03 ドライアイをなんとかしよう

なかなか進まず申し訳ありません。

視力回復以外に興味を非常にそそられるネタを見つけてしまいまして、

同時期に面白いネタが複数出てきてしまうと、

マルチタスク能力のない私はフリーズしてしまう傾向があります。

 

もう一つのネタも相当に面白いので、

また機会を設けてご報告したいと思います。

 

さて、話題を視力回復に戻しまして、

本日はまず、目の状態の改善を目指しましょう。

 

みなさん結構お困りのドライアイですね。

これの原因は非常にシンプルでして、

圧倒的にまばたきが足りていないのです。

 

ですので意識して、まばたきの回数を増やしましょう。

特にスマホ依存のあなた、そうあなたです。

 

瞬間的なまばたきではもはやリカバリー不可能なので、

ベル現象が起きるようしっかりとまぶたを閉じて、5秒待ちましょう。

その時に眼球の状態に意識を向け、涙がじわっと出てくる感じを確認してください。

1回で足りなければ目がうるうるしてくるまで繰り返しましょう。

 

明るい外の景色見ながらなんて捗るかもしれませんよ〜

0 コメント

曲がらない方向にわざわざ曲げる。

笑い話のようですが、実際にこういう方多いのです。

本当の関節と自分がイメージする関節の位置や方向に誤差があって、

曲がり辛い方向にわざわざ曲げてみて、

「私は体が硬い。」と自己催眠をかけてしまうのです。

そうすると、体はより一層力が入り、さらにガチガチに・・・・

 

こういう方はまず、一緒に骸骨の模型を見ながら本当の関節の位置や向きを確認していただきます。

それから動作をしてもらうと、自己催眠が解けて一気に良くなる場合が結構あります。

認識が変わるだけで動作が変わるんですよ。

 

0 コメント

視力回復研究会 02 眼圧

視力回復トレーニングをするにあたって、

一番注意しなければいけないのが、

眼球にダメージを与えないことです。

 

一般的にも良くないと言われている

『眼圧が高い』状態になることは絶対に避けなければいけません。

 

眼圧とは何かと言いますと、

簡単に言ってしまえば、

眼球にかかっている圧力です。

そのままにもほどがありますな。

 

眼球への圧力は外側からの圧と、内側からの圧があります。

 

外側からの圧力で一番大きなものは気圧です。

天気とか高度なんかに左右されます。

あとは・・・

眼球周りの筋肉であったり、脂肪であったり、骨であったり、

こんなものに押されても外からの圧は左右されます。

 

内側からの圧力に関係するのは

眼球内にある『房水』と言われる水分の量です。

この房水の量が自律神経によって調節されます。

 

では、なぜ房水の量を調節しなければいけないのでしょうか?

それは、非常に単純な理由で、

眼球の大きさを一定にキープしたいからですよね。

 

視力を一定にキープするためです。

レンズと網膜の距離を一定にしなければいけません。

これも当院ではおなじみのキーワード、恒常性の維持というやつです。

 

外側からの圧力が高い時には、

押しつぶされないように、

内側の圧力もあげなければいけませんよね。

房水の量が増えて、眼圧が上がります。

 

逆に、外からの圧力が低ければ、

膨らみすぎないように房水の量を減らさなければいけません。

余計な房水を排出します。

 

こんな地道なことを自律神経さんはいつもやってくれているわけです。

自律神経さんありがとうございます。

 

膨らみすぎて眼球自体が破裂するということは、そうそうありませんが、

内側の膜が膨らみに対応しきれなくなると剥がれてきてしまうのです。

 

これが一般的に『眼圧が高い』と目の病気になっちゃうよと言われてる理由です。

 

 

これらを踏まえて、視力回復トレーニングを行わなければいけないわけです。

  1. 外からの強い圧力をかけない。
  2. 房水の排出を速やかにする。

今回のプロジェクトでは、こんなところからまず狙っていきたいなと思っております。

 

0 コメント

人生初いびき

頭蓋骨を弛めている時に、うとうと寝てしまう患者さんは、

数えてみたところ9割近くいるのですが、

実はいびきをかく方も結構多いです。

 

最近いらしている患者さんは

以前に通われていた整体院が派手な矯正をされていたらしく、

それがトラウマとなってカイロのアジャストメントは不可というリクエストでした。

 

この方は頚椎の1番が左に変位する傾向があるのですが、

施術後には歪みも取れ、不調も軽減されるものの、なかなか安定してくれません。

 

 

 

先日も指先で微妙に探りを入れながら、しばらく動いてくれるのを待っていたのですが、

あまり変化もなく、

それでは頭蓋骨のねじれから取りましょうと、

頭蓋骨をグニャグニャとコネることにしました。

 

頭蓋骨の方もなかなかの頑固者でしたが、

のんびりと待っていると、突然、私もびっくりするくらいぐにゃりと動きました。

 

その瞬間『ぐぅ〜〜〜〜』といういびきが。

自分のいびきで目覚める患者さん。

『はっ、私いびきかいた!?』ものすごいびっくりしています。

なんと生まれてから一度もいびきかいたことなかったんですって。

人からも言われたことがないと。

 

ちなみに頭蓋骨も頚椎も綺麗にととのってくれてました。

 

 

真面目な性格の方で、以前は不眠気味で悩まれていたのですが、

最近は寝れて寝れてしょうがないそうです。

元気そうに振る舞っていてもそれだけ疲労が隠れていたってことですよねー

この傾向、責任感の強い人に多く見られます。

 

 

この際、例の無印ソファーに習って「人をダメにする整体院」と改名しようかと。

いやそれマズイでしょと一人ぼっち整体院の院長は自分でツッコミを入れ・・・。

 

 

 

改めて話を聞いてみると、

施術後、治療した歯の噛み合わせがおかしくなることがあったらしいです。

どうやら体の歪んだ状態で治療した歯並びが、歪みのない状態が居心地が悪かったようで

元に戻ろうと抵抗していたんですね。

 

歯も結構動くので、しばらくすれば正しい状態に落ち着くとは思うのですが、

それまで我慢できず、歪んだ状態に戻られる方も実は少なくはないのですよね。

皆様も歯医者さんに行く前には体の歪み取っておくといいですよ。

 

人間の体は本当に奥が深くておもしろいですねー

 

0 コメント

風邪ひきました

今週は、起きている間はもちろん寝てる間まで、意識のほとんどを眼球に集中しておりました。

そうしたら、体が発している警告を見事に見落としてしまいました。

なんかうすら寒いな〜と思っていたのですが、どうやら体温が下がってたようです。

いきなり鼻水が滝のように流れてきました。

ちょうど花粉のピークと重なっていたこともあり余計に気づくのが遅れてしまいました。

低体温で免疫力下がっていたのですね。

 

ちゃんと異変を教えてくれていたのに・・・体さんごめんなさい。

というわけで、昨日は寒いと言っている体さんの声に従って、

熱めの風呂にのぼせるほど入り、そのままコタツにもぐりこんで爆睡しました。

だいぶいいです。

 

不幸中の幸いで、視力回復トレーニングのおかげで鼻の通りはすこぶる良く、

花粉の時期の風邪にありがちの、息ができずに命の危険を感じるというのは回避できました。

 

皆様も体さんの声、聞き漏らさぬようご注意ください。

0 コメント

視力回復研究会 01 白目をむいて寝る

ブログのネタがあるというのは喜ばしいことです。

 

ここでは視力回復ネタは『視力回復研究会』のシリーズであげていきたいと思います。

現状ではまだ私の趣味の範囲なので、効果を保証するまではいきませんが、

一緒に試してみたいな〜というメンバー募集中です。無論ロハです。

 

その1 眼球環境を整えよう

眠っている人のまぶたを無理やりこじ開けてみようとした経験は、みなさんもちろんお持ちだと思います。

ほとんどの場合、白目でしたよね〜

最初からうっすら白目むいて寝てる人も、修学旅行でクラスに一人はいましたよね。

 

これちゃんと医学用語があるんですよ。

『ベル現象』というんです。

 

簡単に言うと、まぶたを閉じるのと連動して眼球が上に回転するという現象です。

一説には、角膜を保護するためだとか言われていますが、よくはわかっていないそうです。

 

ま、つまり誰でも寝ている時は黒目が上むいてるということです。

逆に上向いてなければ神経麻痺も疑ってください。もしくは狸寝入りです。

 

 

さて、目を休めると言って真っ先にイメージするのは、もちろん、まぶたを閉じることですよね。

ということは、黒目が上を向いてる状態が、眼球としては楽ということが想像できます。

実際やってみてどうですか?まばたきより気持ちいいでしょ?

 

ここで、一旦話は変わりまして、『まばたき』という動作について。

『瞬目』とも言います。

読んで字のごとく、一瞬だけまぶたを閉じます。

しかしこの場合は、『ベル現象』が起きません。

目をつぶる前の状態を維持したまま、一瞬だけまぶたを開け閉めします。

これによって、角膜の渇きを潤し、眼筋も見え方はキープしたままですが、軽くリセットします。

眼球にとっては小休止といった感じです。

 

眼精疲労による近視の方々は、ほとんどの場合、まばたき不足と言っていいんじゃないでしょうか。

しかし、まばたき自体、無意識の行動なので、意識してまばたき増やすというのもなかなか難しそうですね。

 

そこで、我々『視力回復研究会』、まず最初にチャレンジして欲しいのは、

意識して『しっかり目を閉じる』です。

『まばたき』ではなく『ベル現象』が起きるまでやってください。

黒目が上を向くのを確認しながら、きっちりとまぶたを閉じましょう。

そして気持ちよさをよ〜く味わってください。これ大事です、脳に対して。

1日何回でも多いほどいいです。安全は個人個人で確保してください。運転中は危険です。

 

ただし、一つだけ注意、ギュ〜〜っと強すぎるのはNGです。

詳しくはまた次回。

 

さあここから怒涛の視力回復が始まりますよ〜多分ですよ、多分ね。

0 コメント

視力回復プロジェクト 準備期間

本格的に娘の視力回復プロジェクトを発動する前に、

できる限りの情報収集と実験検証を私自らが実験台となって行っております。

前回のやみくもな状態とは違って、理論的な裏付けも取れてきてるので、

爆発的とまではいきませんが、結構スムーズに回復しちゃってますよ。

 

前にトレーニングした時も思ったのですが、やれば良くなるのにどうしてみんな真剣にやらないんだろうなと。

ちょっと不思議です。

 

 

 

情報収集に際して、とても面白いサイトを発見しまして、そちらをものすごく参考にさせていただいてます。

許可いただいてないのであえてリンクはしません。

なんというかものすごい情報量があるのですが、方法論はほとんど書かれていないんですよね。

推理小説を読んでいるかのような面白さです。

ここ数日入り浸っております。

 

フェイクも含めて必要な情報は全て書かれており、

さてここから真犯人を見つけられるかな?と挑戦されてるようで、

脳みそかき回されまくり非常にワクワクします。

 

サイトの方に書き込んで是非ともお友達になりたいなと思ったのですが、

商業化に向けて情報制限をされているとのことで、

私が不用意なことを書き込んで邪魔をしてしまって、恩を仇を返すようなことになっては申し訳ないので、自粛しております。

技術も何も必要なくて、ただその動作を知って、やるだけで良くなってしまうというシステムがあるのですよね人体には。商売にするのなかなか難しいのですよね〜

 

あの情報集取能力ですので偶然ここを発見して読んでくれることを期待して、この場でお礼を申し上げます。ワクワクをありがとうございます!

本当は、あんなこととかこんなこととか、あえて書かれていないであろうことに関して、私の推論が正しかったのか突っ込んで聞いてみたいんですけどね〜

チャンスを待ちます。

 

そんなこんなで、ここに書く情報も他所の視力回復サイトでゲットできる程度になってしまうかもしれません。

しかしそれだけでもやればやっただけ効果はあります。必要なのは粘着心だけです。町中が目玉に溢れてるように見えるくらいまで頑張ってみてください。

 

知ってることは何でも教えましょうが私の基本スタンスなので、ご興味ある方はぜひご来院ください。

突っ込んだ内容は操体法教室の課題としてお教えしますよ。

眼球に全神経を集中してると慣れないうちは全身バキバキになりますので、操体法でふにゃふにゃになりましょう〜

宣伝完了。

0 コメント

視力回復プロジェクト2016

震災から間もなく5年経とうとしております。

当時、我が家には大きな被害はありませんでした。

強いて言うなら外壁にヒビが入ったくらいですかね。

 

その時に、自分の強度の近視に危機感を持ったのですよ。

もし何かあって、メガネやコンタクトが入手できなければ、

家族を守るどころか、私自身が足手まといになってしまうなと。

 

そんなことがきっかけで、視力の回復が果たしてできるのだろうかと、

ネット上の情報を漁り、毎度のことですが、自分の体で実験・検証してみることにしました。

うまくいけば仕事にもつながるかなという皮算用もありつつ。

 

 

 

 

 

 

結果から言ってしまうと、実験は成功しまして、

開始前 0.01に満たなかった視力は、約半年で0.08にまで回復しました。

そして¥5,000でメガネを作るという裏目標も達成。

 

当初の目標として視力10倍を掲げまして、0.1をとりあえずのゴールとしてやっていたのですが、

今一歩のところで足踏みしてしまい、他に面白そうなネタを見つけてしまったので興味がそちらにシフト。

そんな感じで、若干不完全燃焼に終わりました。

 

また、トレーニングによって回復過程にあった自分の目に色々と面白い現象が起こりまして、

その理由を探し回ったのですが、当時は見つけることはできず理論的な裏付けができなかったというのが釈然としませんでした。これでは人様に施せません。

 

まあそんなこんなで5年ほど経ち、目の状態はというと、若干視力は落ちたものの、トレーニング前の状態まで落ちるということはありませんでした。0.06くらいでしょうか。

ただ、歳も歳なだけに老眼ぽい症状が最近ちょっとね。

 

で、数日前、目の機能についてネットで調べていたところ、

以前いくら探しても出てこなかった視力回復情報がいっぱい書いてあるじゃないですか。

5年の月日はすごいですね。

 

 

あ〜なるほどなーと、理屈を踏まえながら当時やってたトレーニングを眼球内の動きをイメージしながらここ数日復習していたのですよ。

そしたらなんと老眼の症状出なくなっちゃいました。あら、びっくりした。

瞬間視力も0.5くらいまで出ました。

 

こうなるともう、楽しくなってしまいまして、

第2期視力回復プロジェクト始まってしまうわけなのです。

そしてさらにナイスなタイミングで娘から「黒板が見えづらくなった」とのカミングアウトがありまして、

これは巻き込まない手はありません。

 

狡猾な父は、娘の頭文字をとって『プロジェクトA』と名付け、

ネットで発表することにより、娘を後に引けない状態にするという背水の陣でスタートさせることにしました。

 

ここでも定期的に経過を発表したいと思います。さてどうなることでしょう〜

 

 

 

0 コメント

今朝のイリュージョン

のんきに朝風呂に入るのが私の健康法なのです。

 

今朝は入浴前に体重を測ってみました。

61.5Kg!!体脂肪率19%....

やばい、身に覚えがありすぎる。

2日続けて焼肉食ったり、プレミアムモルツメガジョッキとか調子に乗って堪能してしまいました。

それはそれは美味しかったです。

 

湯船に浸かりながらちょっと節制しなければな〜と反省すること数分。

 

お風呂から上がって、小用を足したところでもう一度体重計に乗ってみました。

 

60.0Kg 体脂肪率15%.......痩せ気味。

入浴中に私の体内でどんな科学変化が起こったのでしょうか。

 

横浜の水道水の薬効でしょうか?

そして私の膀胱の容量は一体!?

 

今晩ビールを飲みながら考えよっと。

 

 

0 コメント

腰を抜け!!

スポーツをやっていると、よく

「腰を入れろ!!」とコーチや先輩から怒られますよね。

 

この腰を入れるというのは、ものすごく砕けて言うと

「骨盤を回転させろ」ということでして、

体をねじるような運動やるにあたって基礎と言われます。

 

さて、この腰を入れた状態の時、

反対側の腰はどうなっているかといえば

抜けた状態なのです。

 

実はこの腰を抜くというのを覚えていただくと

日常の色々な動作が楽になります。

 

みなさん足を一歩前に出してみましょう。

その時に、股関節のぐりぐりの部分、大転子と言いますが、位置はどうなってますか?

たいていの方は股関節の位置は変わらないか、少し前へ移動します。

これが腰を入れて歩いている状態。

 

この大転子をですね、逆に少し後ろへ下げてみるのです。

そうすると腰を抜く動作に連動して腿が浮くのですよ。

そしてつま先も自然と膝よりも前に出ます。

 

通常は太ももの筋肉に力を入れることによって、足を持ち上げ、

さらに腿の筋肉に力を入れて膝を伸ばして足を前に出すのですが、

腰を抜くだけで腿に力を入れなくても足が上がって前に出てしまうのです。

ものすごいエコでしょ?

これを覚えるだけで歩くのが飛躍的に楽になります。

 

一般的に推奨されている西洋風の歩き方とは真逆なんですが、

実はこれが武術的な動作なんですよね。

 

さあ皆さん『腰を抜け!!』

 

 

 

 

 

0 コメント

ご利用者様の声 B様

 腰痛(腰椎すべり症)で辛かったのですが、お陰様で楽になり、ありがとうございます。

 

 カイロプラクティクスと言うと、骨がポキポキと音がしたり、痛みも我慢するのかと思っていましたが、パンフレットを読み、そんな不安がないことがわかり、お世話になってます。

 

 

 

 施術は心地よい音楽と伴に、体が次第に楽になり、ゆったりとリラックスした状態になります。施術後は体がポカポカして腰ばかりではなく、全身が軽くなり動きが楽になります。

 

 施術を重ねるごとに、猫背の背中が伸びて立ち姿勢が変化してきたのには、とても嬉しかったです。

 

 この状態が保てる様にと、いろいろ体操や、正しい体の使い方など指導していただきました。

 

 自宅では意識して体を動かす様になりましたが、家事、仕事で同じ姿勢が続いたりすると、バランスが悪くなる様で不調になり、先生のお世話になります。

 

 年齢を重ねると、しぐさの癖や、歪みの出た体は、自分では思う様に修正できませんが、先生の施術のお陰で変化して行くことに、手応えを感じて、しばらくは定期的にお世話になりたいと思ってますので、よろしくお願いします。

 

B様 60代 女性



丁寧に感想を書いていただき、本当にありがとうございます。

このままうちのホームページのTOPにしてしまいたいです。

 

整形外科で「腰椎すべり症は治らないから諦めな。」と言われて絶望してしまう方が多いのですが、

治らないのは腰椎すべり症であって、痛みが取れないわけではないのです。

この辺を勘違いされてしまってる方が非常に多くて、もったいないなと思います。

 

B様はお話をしていても、とても前向きな方で、多分すぐよくなるだろうなと思っておりました。

回を重ねるごとに、姿勢も綺麗になってきて、動作も滑らかになりました。

このままいけば、ご自分でメンテナンスができるようになると思いますので、

もうしばらくご一緒に楽しんでいきましょう〜。

 

ありがとうございました。

 

 

0 コメント

土屋整体院オリジナルメソッドとか言ってみたかっただけです。

昨年の後半に思いついて以来、試された患者様がたにも大好評の

『土屋整体院オリジナル背骨ふにゃふにゃメソッド』ですが、

どうやら産後の骨盤ケアに抜群の効果があることがわかってきました。

 

ご来院前には履けなかった、妊娠前に履いていたズボン、これがなんと施術3回と

その間にご自宅で行っていただいた『ふにゃメソ』によってするっと履けるようになってしまったと。

素晴らしいですね〜ご本人の努力の賜物!

 

思った以上の効果に、考案者の私自身が戸惑いの色を隠せません。

 

恥骨の結合部がまだ柔軟だからこそなのでしょうかね。

 

 

その他にもご自宅で真面目に行っていただいた方々からは続々と喜びの声が続々と届いております。

とまあブログを利用した宣伝活動でした。

 

もう少し様子を見ながら更に改良を加えて、皆様に発表できるようになったら

また漫画にでもしてアップしたいなと思っております。

 

0 コメント

2月のスケジュールをお知らせ

2月のスケジュールをお知らせいたします。
2/11(木)建国記念日 休院
2/16(火)午前のみ開院
2/22(月)午後のみ開院
です。
都合により変更になる場合もあります。
ご了承ください。

ご予約が若干取りづらくなっておりご迷惑おかけしております。
日時にご希望のある場合はお早めにご予約ください。
0 コメント

腹式呼吸と骨盤の関係

女性の方は腹式呼吸が苦手

という話は昔から聞いていたのですが、それについての文献も読んだことがなく

「ふ〜〜ん、そうか〜」くらいの感想しか持っていませんでした。

 

最近は患者さん方に改めて姿勢の話をしておりまして、

その中でも、「骨盤を立てると色々捗りますよ。」というのをフィーチャーしています。

女性の方は一般的に骨盤が前傾しやすく、骨盤立てましょうというのを理解するのにもなかなか苦労します。

 

そんなことを絡めながら朝から色々なことを考えていたのですが、

スコ〜ンと閃きました。

もしかして腹式呼吸が苦手な女性は単純に骨盤前傾してるんじゃないの?

よし早速やってみよう。

腰を反らして、思いっきりお腹に息を・・・

その瞬間、腹部に激痛が!!

腹直筋が見事に攣りました。

 

みなさん危険なのでくれぐれもやらないように〜

 

 

追記

 

その後しばらくの間、腹部にピリピリとした嫌な痛みが続きまして、

快調だった胃腸の調子までおかしくなってしまいました。

皆様は私のように余計なことしてわざわざ体調崩すようなアホなことはしないようお気を付け下さい。

私はもはや変態の域なのでそんなことばかりやっておりますが。

 

 

0 コメント

初滑り

元旦から今シーズン初滑りに行ってまいりました。

宿の予約は取ったものの、はたして雪はあるのだろうかと心配だったのですが、富士見パノラマスキー場のスタッフの方々が頑張って山頂から麓までの3kmのロングコースを積雪35cm敷き詰めてくれました。拍手!!

雪質もよく快適に滑ることができました。ありがとうございます。

6歳の息子もリフトに乗って本格的に滑るようになりまして、これからみっちり仕込みたいと思います。

 

新年早々からうちの女性陣はラッキー続いております。

奥様は1日リフト券を引き当て、お嬢様は初詣に行った熊野神社で福引を引き『神主さんが祈りを込めて育てたありがたいお米』2kg頂戴いたしました。

さあ次は我々男性チームの番だ。

 

そして私はといえば、筋肉痛で3日間階段降りながら悲鳴をあげていました。ちょっと嬉しかったり。いい筋肉育てよ。


0 コメント

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

毎年干支の絵を描いて正月休みの間貼っておくのですが、

今年は私の描いた絵よりも娘の作品の方が秀逸だったので、採用しました。

 

悔しいような嬉しいような。

 

本年もカイロプラクティックメンテナンス土屋整体院は

一人でも多くのかた笑顔をゲットするために、皆さんの体をふにゃふにゃにしてまいります。

2 コメント

カイロプラクティックメンテナンス土屋整体院

〒230-0012 神奈川県横浜市鶴見区下末吉3丁目1−4

 TEL:045-585-1812  受付時間10:00〜19:00 日祭日休